不動産の売却時に値引き交渉されたら?対策をご紹介!の画像

不動産の売却時に値引き交渉されたら?対策をご紹介!

不動産の売却時に値引き交渉されたら?対策をご紹介!

不動産売却の際はなるべくはじめに設定した価格で売り切りたいところですが、値引き交渉されるケースがほとんどです。
しかし、言われるがままに値引きに応じていては売主の方が損をしてしまいます。
今回は、不動産売却での値引き交渉で売主はどうしたら良いのか、基本的な価格設定の方法や値引きへの対策についてご紹介します。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


不動産売却で値引き交渉されたらどうする?

一般的に、買主の方が持ちかけてくる値引き交渉の相場は購入価格の5~10%程度です。
交渉を持ちかけられた際の判断をどうするかは、売出価格をどのように決めたかによっても異なります。
事情があって相場価格よりも安く売出価格を設定している場合など、値引きしたくなければ無理に応じる必要はありません。
価格が不動産の価値と釣り合っていると買い手が感じれば、値引きしなくとも売れる可能性はあります。
一方で、相場よりも高めの価格設定にしている場合などは、交渉に応じないと印象が悪くなり成約しにくくなるケースも多いです。
売出価格や売り出してから経過した期間などを考慮し、どの程度交渉に応じるか決めると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却すると住民税があがる?その理由と計算方法は?

不動産売却における価格設定の方法

不動産を売却する際、売出価格は近隣の不動産取引や査定結果を参考に、売主が自身で決定します。
相場価格に対して、売却の理由や希望の売却時期を考慮して価格を設定しなければなりません。
1か月ごとに値下げする価格を決定し、それをもとに売却希望時期を考慮して相場価格に上乗せする価格を計算すると良いでしょう。
売却を急ぎたい場合は、相場価格よりも低い価格で設定することも考慮できますが、通常は値下げ交渉の可能性を考慮して価格を設定したほうが賢明です。

▼この記事も読まれています
不動産売却における検査済証とは何か?ない場合の対応方法をご紹介

不動産売却における値引き交渉への対策

売り出しから3か月以上経過した物件は、値引き交渉がおこなわれることが一般的ですが、売り出し直後の物件にも交渉が持ちかけられることがあります。
ただし、売り出し直後に値引きに応じると、本来その時期に売却できるはずだった価格よりも低く買い叩かれる可能性が高まります。
そのため、売り出してすぐのタイミングでは交渉を避け、2か月以上売れない場合に値下げを検討するのが良いでしょう。
また、稀に相場よりも高額な値引きが要求されることもあります。
値引きを予想して上乗せした価格よりも高額な値引きを求められた場合、不当と感じるならば断ることが適切です。

▼この記事も読まれています
ライフステージの変化に合わせた不動産売却のコツをご紹介

まとめ

不動産の売却価格は売主が決定でき、値引き交渉に応じるかどうかも任意です。
多くの場合は値引き交渉を持ちかけられるため、交渉に応じられるよう売却価格に値引き分を上乗せしておくと良いです。
また、値引きに応じるつもりであっても売り出し直後はなるべく避けることをおすすめします。
土浦市の新築一戸建てはリバティーホームがサポートいたします。
不動産売却や建築に関するご相談も承っておりますので、お気軽に弊社までお問い合わせください。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


リバティーホームの写真

リバティーホーム メディア担当

土浦市とその周辺で新築一戸建てをお探しでしたら、リバティーホームにお任せください。お庭付きの一戸建てなど、様々な条件の不動産情報を掲載しております。快適に暮らせるお住まい探しのお手伝いになるよう不動産に関する記事をご提供します。