売れ残りの建売住宅がある理由は?購入するメリットと注意点を解説!の画像

売れ残りの建売住宅がある理由は?購入するメリットと注意点を解説!

売れ残りの建売住宅がある理由は?購入するメリットと注意点を解説!

建売住宅の購入を検討している方のなかには、売れ残りの建売住宅を購入することに不安を覚えている方も多いと思います。
たしかに、マイナスポイントがあって売れ残っている場合もありますが、売れ残りの建売住宅ならではのメリットもあります。
今回は、売れ残りの建売住宅が発生する理由、売れ残りの建売住宅を購入するメリットおよび注意点を解説します。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


売れ残りの建売住宅がある理由は?

売れ残りの建売住宅が生じる理由の一つとして、まず、物件価格が一般の相場より高いことが挙げられます。
建売住宅の購入を検討する多くの人々は、コスト面を重視しているため、価格が高過ぎると購入希望者が減少することがあります。
また、エリア内で住宅供給が過剰となり、建売住宅が残ってしまうケースも少なくありません。
ほかにも、周辺環境が魅力的でない場合や、建売住宅の構造や間取りが希望に合致しない場合など、さまざまなマイナスポイントが売れ残りの原因となることがあります。

▼この記事も読まれています
建売住宅の寿命と必要なメンテナンスについて解説!

売れ残りの建売住宅を購入するメリット

売れ残った建売住宅を購入すると、値引き交渉が容易になります。
建売住宅を所有するハウスメーカーは、1年以内に売却する傾向があり、そのために値下げに応じることがあります。
不動産会社を介さず、ハウスメーカーから直接購入する場合、値引き交渉が成功しやすいでしょう。
建売住宅の状態を確認してから購入できる点もメリットです。
未完成の建売住宅では、建物の状態を確認することができませんが、完成した建売住宅でも時間が経過すると不具合が発生することがあります。
売れ残りの建売住宅では、内覧時に不具合を指摘し、解決の取り決めをおこなった後に購入できます。
さらに、短期間で入居できるというメリットも考えられます。

▼この記事も読まれています
長期優良住宅は購入すべき?メリット・デメリットをご紹介

売れ残りの建売住宅を購入する注意点!

建売住宅にマイナスポイントがあり、売れ残っている場合、その条件を受け入れるかどうかを検討しましょう。
一般的な意見を参考にすることは重要ですが、最終的には自分たちが住んで後悔しない物件かどうかを十分に考慮する必要があります。
値引き交渉をおこなう場合、適正価格内で調整を目指すのが良いでしょう。
相場から大幅に逸脱した価格で購入しようとすると、交渉が難しい場合があるからです。
また、完成後1年以上が経過した建売住宅は中古住宅と見なされます。
中古住宅となった場合、補償内容が変更されることもあるため、購入前に確認しておくべきです。

▼この記事も読まれています
建物構造が鉄筋鉄骨コンクリートであるメリット・デメリットをご紹介

まとめ

建売住宅が売れ残る理由には、相場よりも高いことや供給過剰になっていることなどが挙げられます。
売れ残りの建売住宅は値引き交渉がしやすい、物件状態を確認できるなどのメリットがあります。
マイナスポイントがある場合はそれを許容できるか十分に検討しましょう。
土浦市の新築一戸建てはリバティーホームがサポートいたします。
不動産売却や建築に関するご相談も承っておりますので、お気軽に弊社までお問い合わせください。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


リバティーホームの写真

リバティーホーム メディア担当

土浦市とその周辺で新築一戸建てをお探しでしたら、リバティーホームにお任せください。お庭付きの一戸建てなど、様々な条件の不動産情報を掲載しております。快適に暮らせるお住まい探しのお手伝いになるよう不動産に関する記事をご提供します。