土地売買契約の流れと必要な書類について解説!の画像

土地売買契約の流れと必要な書類について解説!

土地売買契約の流れと必要な書類について解説!

土地売買契約は大きな金額が動き、お金のやり取りだけで簡単に契約が終わるものではありません。
これから土地の購入や売却を検討しているものの、複雑な流れや手続きがわかりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は土地売買契約の流れや必要書類について解説します。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


土地売買契約(購入時)の流れとは

土地を購入する際は、買付証明書を提出してから売買契約を結ぶ流れで進みます。
マイホーム用の土地を購入するために住宅ローンを組む方は、買付証明書提出の段階で事前審査を受けなければいけません。
しかし住宅ローンは土地だけの購入では使えないので、土地先行融資・つなぎ融資の手続きが必要です。
売買契約締結時には手付金を支払い、不動産会社からの重要事項説明を受けます。
無事売買契約を締結した後は、住宅ローンの本審査を受けてから引渡しです。

▼この記事も読まれています
建売住宅は建築前に契約できる?契約の流れやメリット・デメリットをご紹介

土地売買契約(売却時)の流れとは

土地を売却する際は、まず不動産会社に依頼して査定額を知る必要があります。
査定結果をもとに購入希望者を探す不動産会社を決定し、媒介契約を結ぶ流れです。
媒介契約は、複数の不動産会社と契約でき売主自身も売却活動ができる「一般媒介契約」や、一社のみに媒介を任せ自身では買主を探せない「専属専任媒介契約」といった種類があります。
購入希望者が見つかったら売買契約を結び、引渡しは決済と同日におこないます。
売却で利益が出た場合は、翌年に確定申告をしなければなりません。

▼この記事も読まれています
任意売却のひとつである単純売却とは?概要やメリット・注意点について解説

土地売買契約時の必要書類とは?

土地売買契約をスムーズに終えるためには、必要書類を事前にしっかり揃えておくことが大切です。
売主・買主双方が用意しなければいけない書類は、身分証明書や印鑑証明です。
土地の情報を買主に提示しなければいけない売主は、さらに多数の書類が必要となります。
具体的には確定測量図や境界確認書、固定資産税の納税通知書・固定資産評価証明書などです。
所有者であることの証明や所有権の移転登記をするために、登記済権利証も必要になります。
準備に時間がかかる書類もあるため、早めに準備しておくようにしましょう。
不動産の所有権登記に関する書類や手続きは、初心者が対応するには難しいものです。
一般的には司法書士に手続きを代行してもらうものなので、必要書類についてもあらかじめ司法書士に尋ねておくことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
土地購入で後悔しないために!失敗例や注意点などをご紹介

まとめ

土地売買契約を結ぶ際は売主・買主どちらも、住宅ローンの手続き・必要書類の準備などやることがたくさんあります。
引渡しまでの流れで不明な点があれば、不動産会社の担当者や司法書士といった専門家に質問し、疑問をなくしておくと安心です。
土浦市の新築一戸建てはリバティーホームがサポートいたします。
不動産売却や建築に関するご相談も承っておりますので、お気軽に弊社までお問い合わせください。

リバティーホームへのお問い合わせはこちら


リバティーホームの写真

リバティーホーム メディア担当

土浦市とその周辺で新築一戸建てをお探しでしたら、リバティーホームにお任せください。お庭付きの一戸建てなど、様々な条件の不動産情報を掲載しております。快適に暮らせるお住まい探しのお手伝いになるよう不動産に関する記事をご提供します。